FC2ブログ

雅号をいただく

書道でこの度 ハンコを作るにあたって
雅号をつけてもらうこととなった。
書道の雅号は茶名とちがって
免許皆伝になったからつくのではなく
習い始めたばかりでも
つけていいらいい。
知らなかった。
同門でちょっと先輩のひとがもらっていたので
先生に言うと翌日にはメールがきた。

本名と全然違って新鮮。
書きやすいしバランスもとりやすいので
気に入った。
次回の昇段試験はハンコをついて出せる。
ちょっとよく見えることを期待。

スポンサーサイト

なぜ熊キャラがかわいいのか

今日、キティちゃんのグッズを見てて思った。
別にかわいいと思わない。
ふと考えた。もしこれが熊ならどうだろう。
かわいいと思うかも。

私は結構熊のキャラが好き。
そこでまた疑問に思った。
なぜかしら。
ウサギやリスの方が実際にはかわいいのに
熊のキャラの方がかわいいと思う。

ネットで検索したらそう思うのは私だけではないようで
いろんな回答が載っていた。
テディベアがルーツというのが主流だが
熊は頭が大きく二足歩行もするので
擬人化しやすく
子熊の体型もおなかがぽってりして座ることなどから
ぬいぐるみにしやすかったようだ。

そうしてさんざん 可愛い縫いぐるみを目にして育った結果
なにやら すりこまれたのかもしれない。

先日、幼少期から持っているパンダのぬいぐるみを洗った。
はじめは夏用に着替えさせたら(子供のおさがり)
ほつれが目立ったので繕っていると
結構汚れてもいたのでちょっと拭くくらいでいいかと思っていたが
気が付いたら石鹸でゴシゴシ洗っていた。
シャワーでよくすすいで干していたが
中はスポンジなので絞っても絞ってもずっくりしていて 
これは無理と思い脱水機で回ってもらった。ごめんよ。
するとよく水気が切れたのであとはガワを乾かして終わり。
まあまあきれいになった。

久しぶりにじっくり見たらフォルムが大変かわいく
顔も実は耳付きがいがんでいる以外は
バランスもよく完璧。
毛並みも高級感があって手触りもいい。
今もこれ以上のパンダにあったことがない。

前はもの哀し気で悟ったような雰囲気だったが
今はもうお役目御免で眠っているようにみえる。
ずっとほっておかれてもう魂の通う感じはない。
前も実際どんなだったのかもう思い出せない。

よくそういう物語、子供が成長とともに
人形やぬいぐるみを忘れていくのを読んで
自分は違うと思っていたが自分もそうだった。

ヒッチハイクする母

昨日、実家の斜め前に住む友人に
「おばあちゃん、ヒッチハイクしてたで。」と言われびっくり。

実家は駅まで歩いたら普通でも30分、バスで10分バス停まで普通で5分。
父の車がなくなり、私も仕事でいない時
市内へ出かけるため駅へ行くのに閉口していた母。
母は普段、運動もしないので
私はバス停まで歩いてバスに乗るのはボケ防止にもなるし
いいかなと思っていたが、
タクシー呼んだらいいんじゃないとも言っていた。

しかし母は予想の斜め上を行っていた。
目撃情報によると車を出していた近所の人に
駅まで乗せていってくれと言っていたらしい。
ちなみに近所づきあいはない。

恐れをなした。
昔から逆境に強いとは思っていたが
そうくるとは。
かねてより もし闇市の時代に大人で 食うに困る状況だったら
どんなことでもしただろうなとは思っていた。

タクシー呼ぶように言っておこう・・・


家でお稽古

今日は家でお稽古。
なかなか先に進まないが
欲をかかず、基本の繰り返しをしている。
皆さん、それで満足のようで
まあ年齢のこともあり
お稽古の頻度も月1回。
しかたないかな。
楽しんでもらえればそれでいいかも。

お菓子はまた水無月を作った。
先日の出稽古では青梅を作ったが
こちらのほうが簡単でつい・・・

そういえばその青梅の黄身餡を作るとき
卵一個で7個くらいできるのを
4個しか作らず卵の割合が多かった。
大丈夫だろうと思ったのだが
ちょっと多すぎて卵たまごしすぎて反省。

お花が今 庭でいろいろ咲いている。
山紫陽花、桔梗、撫子、金糸梅、蛍袋、コエビソウ、エノコログサを入れた。
桔梗の水揚げがうまくいってよかった。
茎が太かったからかな。

こうして月1回でもずっと集まってやろうねと言い合っている。
ボケ予防になるし運動にもなるし
最後は安否確認にもなるねと。

大阪の事件

犯人が精神障害2級と聞いて
世間的に風当たりが強くならないか心配になった。
まだ詳しいことはわからないので何とも言えないが。

人はまさに十人十色。
ひとくくりには語れないし
同じ人間でもいつ何時
闇に落ちるかわからない危うさを持っていると思う。

どうしてでしょうね
わかりませんねとテレビではよく言うが
それって語る人は自分は普通と思っているんだろうな。
しかし人間はこっちとあっちできっぱり分かれるものでもない。

なんとか社会に身の置き場所を探して
生きていこうともがいている人達を
負の存在として排除しないでほしい。
プロフィール

すみれ杏

Author:すみれ杏
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ほのぼの生きてます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
http://housewife.blogmura.com/shufu_around50/http://blog.fc2.com/subgenre/7/
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR